戻る

前ページ   次ページ

DVD/ビデオ 575324 (300)



Sleepy Hollow
販売元:

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

時は1799年、ニューヨーク市警の捜査官イカボッドは、謎の首なし連続事件が多発するニューヨーク郊外、スリーピー・ホロウ村を訪れる。到着するなり村の長老達に呼ばれたイカボッドは、“首なし”殺人事件は「首なし騎士」と呼ばれるかつての南北戦争の最中にこの村で殺されたドイツ人騎士の亡霊によるものだということを聞かされる。科学的捜査を信用しているイカボッドは、村人達の話が信じられない。そんな時、またもや「首なし騎士」に殺された犠牲者が出た。その様子を目撃したイカボットは、「首なし騎士」の存在が本当だったことを知る。・・・

「シザー・ハンズ」でバートン作品の主役を飾ったジョニー・デップ、今回はちょっとユーモラスな捜査官を演じています。最新技術にこだわってるイカボッドが、実は結構気弱で気絶したりクモに弱かったりと、人間味にあふれているところもポイント。まるで「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」の実写版というぐらい、霧に包まれた伝説の村、奇妙に曲がりくねった「死人の木」、そして悲鳴のような愛馬の嘶きと共に現れる「首なし騎士」、そのミステリアスな世界観の虜になってしまうこと、間違いなしです。




Sleepy Hollow
販売元:

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

時は1799年、ニューヨーク市警の捜査官イカボッドは、謎の首なし連続事件が多発するニューヨーク郊外、スリーピー・ホロウ村を訪れる。到着するなり村の長老達に呼ばれたイカボッドは、“首なし”殺人事件は「首なし騎士」と呼ばれるかつての南北戦争の最中にこの村で殺されたドイツ人騎士の亡霊によるものだということを聞かされる。科学的捜査を信用しているイカボッドは、村人達の話が信じられない。そんな時、またもや「首なし騎士」に殺された犠牲者が出た。その様子を目撃したイカボットは、「首なし騎士」の存在が本当だったことを知る。・・・

「シザー・ハンズ」でバートン作品の主役を飾ったジョニー・デップ、今回はちょっとユーモラスな捜査官を演じています。最新技術にこだわってるイカボッドが、実は結構気弱で気絶したりクモに弱かったりと、人間味にあふれているところもポイント。まるで「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」の実写版というぐらい、霧に包まれた伝説の村、奇妙に曲がりくねった「死人の木」、そして悲鳴のような愛馬の嘶きと共に現れる「首なし騎士」、そのミステリアスな世界観の虜になってしまうこと、間違いなしです。




スリーピング・ディクショナリー
販売元: エスピーオー

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

ジェシカ・アルバの魅力が詰まった作品です。元々フアンでもなかったのですが、しなやかでエキゾチックな彼女にすっかり恋に落ちてしまいました。民族衣装を着て踊るシーンなど、本当に美しい。

ジェシカの大胆なヌードが披露されたということで話題になっていますが、バスト部分のアップは代役(ボディダブル)のようです。美しい背中を見ることはできますが、ちょっと残念。と同時に、どこかほっとしたフアンも多いのではないでしょうか。

なお、ストーリーは、途中からかなり強引なところがあります。
結ばれないのだろうなと思ってみていたのですが、意外や意外。かなりのご都合主義でちょっとあり得ない展開だと思いますが、ジェシカの笑顔に星4つも付けてしまいました。





The Sleeping Dictionary
販売元: Eiv

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






眠れる森の美女 プロローグ付き3幕
販売元: ワーナーミュージック・ジャパン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

このDVDはKirov Balletの代名詞とも呼べる<眠れる森の美女>の映像である。収録年は1982年。画像のレヴェルは中位で、何故か以前販売されていたLDの映像より画質は劣る。また、今の眼から見ると、装置・衣装に些か時代遅れの印象を感じる。
Princesse AuroreはI.Kolpakova、Prince DesireがS.Berezhnoi、La fee du lilasがL.Kunakova。当時、<眠り>を上演するに当ってベストキャストが組まれている。Kolpakovaはこの時既に49歳、現役最後期の時期である。でもその初々しさに驚かされる。彼女のPrincesse Auroreは、正に僕の期待するAuroreそのものだった。現在のバレエの技術的水準からすれば必ずしも彼女はテクニシャンとは言い難い。でも彼女から発散されるオーラの凄さは、正に奇跡と言っても良い位の強さがあった。彼女が1歩舞台に登場した途端、舞台の空気が変わるのである。決して派手な動きをするわけではないのに、彼女の一挙手一投足に眼が奪われてしまう。また、彼女は現在のダンスーズ達が屡やる新体操と見紛う様な動きや柔軟性の露出を彼女は決してしない。でも、一度目にすれば決して忘れられない印象を観る者に刻み付ける。そして何よりも彼女は、danse classiqueの技術ではなく<踊り>を観たという気持ちを観る者に起こさせてくれる。この事はKolpakovaに限った事ではなく、Kirov Balletのメンバー全てに当て嵌まる。自分の与えられたポジションに相応しい踊り、動きをする事に、彼等は専念しきるのである。この精神が、舞台上の隅々にまで行渡っていた。その事に僕は感動を覚えた。他に感心した事が、ダンスーズ達のreverenceである。膝を床に付けずに彼女達はreverenceを行う。現在、reverenceは片膝を床に付けて深く身を屈めるという動きが主流だが、本来のreverenceは深く体を屈めても膝を床に付けて行うものではない。Russian Balletの正しい精神が、このKirov Balletに継承され続けている、その事にも、僕は胸を打たれた。 Prologueから終幕まで、高水準の舞台が維持されていたが、特に印象深かったのが第2幕だった。第2幕のVisionの場面(Corps de balletに些かのバラつきがあったのが惜しい)で、 Auroreが幻影として舞台に現れた時、僕は身震いを抑えられなかった。足音を全く発てずに舞台を縦横無尽に動き回るKolpakovaの妙技、肉体や体重の存在感を全く感じさせないその動き、雰囲気は正に幻影そのものだった。特にその絶妙なPas de Bourreeに、僕は魅了され尽くした。現在、Pas de Bourreeだけで観る者を感動させられるダンスーズがどれだけ居るだろうか。Visionの場の最後でAuroreが舞台のホリゾント近くでarabesque troisiemeのポーズを決めて舞台下手奥に去った時、僕は感動の頂点に連れて行かれた。Desireが、Auroreを救出に出掛ける決意をし、La fee du lilasに導かれて城に向かうシーンでは、その感動の余韻が観る者の心に深く沁み込んだ。あの有名なパノラマの音楽の素晴らしさが、更にその効果を高めていた。この場面の後、普段舞台公演では滅多に聴く事のない間奏曲(余り知られていないが名曲と思う)を聴けたのも幸運だった。3幕では、本来Auroreを演じても良い筈のG.KomlevaがLa fee du diamant、E.EvteevaがPrincesse Florinaに扮するという贅沢な配役、Vaganova academyの生徒達も良く奮闘し、大いに舞台を盛り上げていた。勿論AuroreとDesireのGrand pas de deuxも完璧な出来栄え。全幕を見通したら、最初に感じた時代遅れの印象がいつの間にか消え、人を感動させるのは、見た目の豪奢さではなく、気高い精神性なのだという事を痛感した。素晴らしいアイテムに出合えた事に感謝するばかりである。




Slednecks 4
販売元: Trinidad Ent.

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






SLAUGHTER AT THE OPERA (スローター・アット・ジ・オペラ) 輸入版
販売元: ビジュアライズイメージ株式会社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Skip
販売元: ラインコミュニケーションズ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Skinwalkers
販売元:

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Skins 1 (3pc) (Ws Dol Slip)
販売元: BBC Warner

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ