戻る

前ページ   次ページ

DVD/ビデオ 582440 (202)



一騎当千 第2巻
販売元: メディアファクトリー

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

史実では呉の勇将だった、甘寧興覇がいいキャラしてます。
タネ本の『三国志演義』では、雑魚キャラ扱いであった楽就さんよりも
武勇やエピソードが満載の甘寧とのギャップが面白かったです。
あの壊れっぷりを見せられると、逆に愛らしく見えてくるから不思議です。
でも、呉のファンは怒るかもしれませんね。

何だか、作り手が三国志の世界を楽しんでるように思えるので
そのノリについて行けるかどうかで、評価は変わるでしょう。




一騎当千 第7巻
販売元: メディアファクトリー

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

とても人間技とは思えぬ技と力を持つ高校生達の闘いの話。あんなに技量があるんだったら何で高校へ通ってるのかと思いますが、そんな設定など吹き飛ばすほどの迫力。アダルトなお兄さんが喜びそうな設定と展開に目が離せません?彼女と一緒に観るのはお勧めできないかも。




一騎当千 第3巻
販売元: メディアファクトリー

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

二話分が収録されていてこの値段は高いと感じるが勿論買ってしまう。テレビも録画したけれど映像がやっぱりDVDの方が数段綺麗。もう少し安くしてくれると買い安のに少々残念。内容は三国志ベースの現代超人能力不良高校生の派閥争い。主人公の脳天気で爆乳な性格が楽しい。お母さんはお約束のホンワカモードの筋金入り。登場人物達のユニークさでひっぱっていける物語だと思う。




一騎当千 第5巻
販売元: メディアファクトリー

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

一応現代が舞台ですが高校生達が覇権を巡って命のやりとりをする様って絶対にはありえないパラレルワールドです。あんなにおおっぴらにやっていれば警察沙汰や社会問題になるでしょう。つまりこれってSFみたいなものでハチャメチャなストーリー展開を楽しむ為にあるのでしょう。細かいことを考えずに映像に感じましょう。




一騎当千 第1巻
販売元: メディアファクトリー

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

三国志の英傑の魂を現代日本(関東)の高校生に甦らせ、しかも孫策、関羽、呂蒙、呂布などは女性として甦らせて、運命に抗う闘いを繰り広げさせるという着想はなかなか面白いと思います。特に、三国志の世界では早逝した人気キャラである江東の小覇王・孫策伯符をヒロインに据え、孫策が長生きして、孫権ではなく孫策が呉の盟主となり、周愈や陸遜を従えて?曹操、劉備・諸葛孔明と覇王を争ったら、どうなるか、というのは面白い構想でしょう。
 ただ、「一騎当千」での孫策は単純「馬鹿かも」のキャラであり、どうしても深みが出ないので、勢い三国志の群雄から次々にキャラを立たせ、キャラ物群像劇とするのは勢いというものでしょう。
 三国志の小説のストーリーからどのように一騎当千の世界にキャラを当てはめてくるかがミソで、董卓、呂布、陳宮の扱いなど、作者が愉しんで作っているのが感じられ、三国志ファンも「そう来るか!」というふうに面白がって観ることもできるのではないかと思います。
 商品構成としては、第1期全13話なので、各巻2話ずつで全7巻、1巻は第1話のみという割り振りですが、オマケもさほどなく、1巻はまずまずとしても、2〜7巻はかなり割高感が強く、続くDDシリーズと比べても割高感は強い。せめて全4巻くらいなら妥当でしょうか。
 全体的には実に面白いのですが、本作品で実質的に最も魅力的なキャラと思われる呂蒙子明の性格づけが巻を追うごとに変わってくるわけで、特に第1話では第2話以降との違和感がきわめて大きいのは問題だと思われます。
 DVD化に当って、第1話だけでも一部作り直し、TV放映版と両方を収録しておけば、(たとえ価格を上げても)ファンの満足度はきわめて高かったのではないかと個人的には思うので、そこが商品作りとしては残念なところです。




家なき子 DVD-BOX (期間限定生産)
販売元: バンダイビジュアル

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

凄い作品ですので作品内容については語りません。 映像内容などについて
書きたいと思います。 

2002年にジェネオンから発売されたDVDとマスターは同じようです。
今回のBOXの為に再テレシネやリマスター作業はされていません。 
なので画質も凄く綺麗というわけではなくそれなりに綺麗です。

オープニング映像も前期(26話まで使用)の素材がなぜか第1話にしか
付いていません。第2話からは後期ヴァージョンになっています。(後期
はマチヤ、リーズなどが登場するOP映像です。再放送ではすべて後期に
なっています。) 制作会社表記はオリジナルのまま「東京ムービー新社」
になっていますので安心して下さい。

あと初回放送で使用された字幕(歌詞やスタッフ表記)が動かないヴァー
ジョンのオープニング映像は未収録になっています。

とりあえず上記を除けばノーカットの完全収録版なのでファンは安心して購入
する事ができます。 杉野昭夫描き下ろしのBOX、ジャケットも素晴らしい
です。 DVDは、1枚目〜8枚目までは各6話収録されています。9枚目
のみ3話収録です。

映像特典は、海外用OP、ED素材の他に初ソフト化のノンクレジットのOP,
EDが収録されています。OPは前期、後期の映像が収録されているのでファ
ン必見ですよ。 欲を言えば、第1話の予告、番組CMや当時の素材集なども
入れて欲しかったですね。

価格も廉価盤価格と書かれていますが、高いと思ってしまうのは自分だけでしょ
うか? この内容なら2万5千円ぐらいが妥当だと思ってしまいます。




アンデルセン物語「みにくいあひるの子」
販売元: コロムビアミュージックエンタテインメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






アンデルセン物語「マッチ売りの少女/雪の女王」
販売元: コロムビアミュージックエンタテインメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

私自身再放送で何度も見た作品です。ハイジやフランダースの犬等アニメの
名作が多かった時代ですが、その中でも印象に残っているうちの一つです。
なんでそんなに印象に残ったのか、さすがに忘れてしまい、今回購入してみましたが、音楽、絵、声優、ストーリーすべてにおいて子供のみならず、大人も満喫できる内容でした。特にオープニングやエンディングの「キャンティのうた」「スッコのうた」は涙が出るほど懐かしかったです。
自分で見るために購入しましたが、6歳の娘も食い入るように見ていました。「マッチ売りの少女」では「かわいそう・・・」と号泣。ハッピーエンドの結末やこわい部分はオブラートにつつむ作品の多い昨今の作品に比べ、決して残酷ではありませんが、原作に忠実なストレートな印象を受けました。ある程度の年齢以降の子供にはそれもまた良いと思います。他の作品も親子揃って見てみたいと思います。




アンデルセン物語「野の白鳥」
販売元: コロムビアミュージックエンタテインメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






アンデルセン物語「人魚姫」
販売元: コロムビアミュージックエンタテインメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ