戻る

前ページ   次ページ

DVD/ビデオ 76206051 (126)



旅路のモーツァルト・ピアノ協奏曲集 3
販売元: ジェネオン エンタテインメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

モーツァルトの生涯をその折々に訪れた土地に
ちなんで何巻かに分けている。
さまざまなエピソードを織り込んでの解説が
非常に興味深く、プレヴィンの語り口も
好感がもてる。

後半はそのテーマに関連のある作品を演奏してくれるが、
まず、傑作群の多いピアノ協奏曲を選択したのが
プロデューサーの慧眼といえる。
これらの演奏では、さまざまな演奏家による映像が
楽しめる。

このシリーズは資料としても、コレクションとしても
非常に価値の高いお勧めのシリーズである。

全集までは、ほしくない、、、という人のため
各巻を分売しているので興味のある巻を購入されたし。
個人的には4〜6巻が特にお勧めである。




旅路のモーツァルト・ピアノ協奏曲集 2
販売元: ジェネオン エンタテインメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

モーツァルトの生涯をその折々に訪れた土地に
ちなんで何巻かに分けている。
さまざまなエピソードを織り込んでの解説が
非常に興味深く、プレヴィンの語り口も
好感がもてる。

後半はそのテーマに関連のある作品を演奏してくれるが、
まず、傑作群の多いピアノ協奏曲を選択したのが
プロデューサーの慧眼といえる。
これらの演奏では、さまざまな演奏家による映像が
楽しめる。

このシリーズは資料としても、コレクションとしても
非常に価値の高いお勧めのシリーズである。

全集までは、ほしくない、、、という人のため
各巻を分売しているので興味のある巻を購入されたし。
個人的には4〜6巻が特にお勧めである。




旅路のモーツァルト・ピアノ協奏曲集 1
販売元: ジェネオン エンタテインメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

モーツァルトの生涯をその折々に訪れた土地に
ちなんで何巻かに分けている。
さまざまなエピソードを織り込んでの解説が
非常に興味深く、プレヴィンの語り口も
好感がもてる。

後半はそのテーマに関連のある作品を演奏してくれるが、
まず、傑作群の多いピアノ協奏曲を選択したのが
プロデューサーの慧眼といえる。
これらの演奏では、さまざまな演奏家による映像が
楽しめる。

このシリーズは資料としても、コレクションとしても
非常に価値の高いお勧めのシリーズである。
全集までは、ほしくない、、、という人のため
各巻を分売しているので興味のある巻を購入されたし。
個人的には4〜6巻が特にお勧めである。




モーツァルト:歌劇《フィガロの結婚》
販売元: ユニバーサル ミュージック クラシック

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

わたしはオペラ初心者です。最初にデッカーの椿姫を買ってしまって大後悔しました。長年期待していた本物のオペラという幻想を木っ端微塵に汚らしく壊してくれたからです。お金をネトレプコさんの口の中に突っ込んだりして、下品です。
さて、ネトレプコさんのDVDはその後
【The Woma The Voice(駄作)】
【愛の媚薬(良作)】
【ベルリン・コンサート(傑作)】
【ガラ・コンサート・セント・ペテルスブルグ(大傑作)】
【リュスランとリュドミラ(大傑作)】
と、少ないお小遣いをだんだん上向きのDVDに使えてうれしくなっていたところにこのDVDを買ってしまいました。もう、デッカーとか、グートとか、一体何をしたい人なのかが私には分からない。フィガロの結婚と言ったら喜劇でしょう?喜劇を初めて観にいったらドキュメンタリーを上演していた、というのがこのDVDです。
どこがいいのかしら?本気で楽しめる人がどれだけいるのかしら?初めてこの演目を観て、面白かったと言う人はなにが面白かったと言うのかしら。
もう、グートもデッカーも大嫌い!一方で傑作のDVDがもう売っていないなんて、まだまだタイトルだけで売れ行きが決まる、と言うことなのかしら。




モーツァルト:歌劇《フィガロの結婚》全4幕
販売元: ワーナーミュージック・ジャパン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

有名なベーム=ウィーンフィル盤をはじめとして、『フィガロ』のすぐれたDVDはかなりの数手に入れることができますが、これもまた独特の味わいをもつ名盤といってよいでしょう。特に三人の主要な女声陣(スザンナ・伯爵夫人・ケルビーノ)が、容貌的にもまた声の質から言っても実に適材適所といえる配役で、それぞれの役に与えられたモーツァルトの美しい音楽を存分に楽しませてくれます。また、演出はリアルさよりも登場人物たちの心理描写に重点を置いたものということができ、簡素でやや抽象化された舞台装置も、心理状態を浮き彫りにするための小道具として見れば、それほどちゃちで物足りないものとは思えなくなってきます。個人的に最も印象に残ったのは、第四幕のスザンナのアリア「恋人よ早くここへ」の場面での、伯爵夫人のせつなく艶のある演技でしょうか。『フィガロ』の全曲盤映像をはじめて楽しもうという人には、やはりベーム盤などのほうをお薦めしますが、ある程度このオペラやモーツァルトの音楽に慣れている人には、ぜひこの盤もじっくり観てほしいと思います。




モーツァルト ザルツブルグ時代より
販売元: アーティストハウス

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






モーツァルト:歌劇《イドメネオ》全曲
販売元: ワーナーミュージック・ジャパン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






モーツァルト 歌劇《イドメネオ》全曲
販売元: ワーナーミュージック・ジャパン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






モーツァルト音楽祭イン ヴュルツブルク
販売元: ニホンモニター・ドリームライフ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






モーツァルト 歌劇《ドン・ジョヴァンニ》全曲
販売元: ワーナーミュージック・ジャパン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

現代アレンジとは知らずに買ってしまいました。音楽以前に視覚でまいってしまいました。登場人物がスーツの時点でかなり萎え、極めつけで、ペットボトルやプラスチックの紙コップを取り出した時には絶望しました・・・ドンジョバンニはグンゼのランニング姿に無精ひげで貴族というより、ホームレスという感じです。(よくて裸の大将かな)
やっぱりモーツァルトオペラは古典の世界観でやってほしいですね。演出の重要性を改めて感じました。画質音質はそこそこ良いと思います。でも現代アレンジは二度と買いません。歌詞と合わない衣装や舞台は本当に無理がありすぎて厳しいです。仮面舞踏会や剣の出てくる歌とか、衣装と合わないので適当にごまかしてるだけです。演技も過剰すぎて、良い意味でのモーツァルトの軽みが台無しになってしまった感じです。でも安いから仕方ないですね^^;


前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ