戻る

前ページ   次ページ

DVD/ビデオ 76206051 (335)



平田オリザの現場 15 もう風も吹かない
販売元: 紀伊國屋書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






平田オリザの現場 14 南島俘虜記
販売元: 紀伊國屋書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






百式
販売元: R and C Ltd.

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

100分ノンストップ漫才という試みだけでも評価したいですが、これが100分しっかり面白い。漫才らしい漫才を見た充実感を味わえます。
ニチョケンの確かな実力を堪能できる一本。お勧めします。




日の出アパートの青春
販売元: よしもとアール・アンド・シー

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

30分の映画版がとても面白かったのでDVDになった舞台版も楽しみにしていたのですが、
キャスティングも絶妙でとても面白かったです。特典映像もありお得感満載でした。




火の位
販売元: TDKコア

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

いやー、面白かったです。
まだ知名度があまり低い頃のドランクドラゴンのネタが見られます。
映像特典もすごく面白いです。
期待以上でしたー。
画面も音声も思ったより良くて、最高です☆




悲愴 交響曲第6番ロ短調
販売元: ユニバーサル ミュージック クラシック

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 カラヤンはDGに自身が指揮するオーケストラ作品の映像を数多く残している。ベートヴェン、ブラームス、ブルックナー、ドビュッシーなどカラヤンのレパートリーの中核をなす作品はDGとSonyの2種類の映像がある。チャイコフスキーの悲愴は1973年に、ピアノ協奏曲は1967年に録画されたものだが、「悲愴」が特にすばらしい。1960年代半ばから映像の収録に乗り出したカラヤンだが、試行錯誤の末70年代半ばにはオーケストラの映像化する手法を方法を確立させた。この「悲愴」はそうした手法の集大成であり、カラヤンが目指した「交響曲の映像化」が完成を見たといえるものだろう。

 指揮者の手の動き、目をつむった顔から、楽器演奏の様子をクローズアップを多用したり、逆光の中にうかび上がらせたりして、抽象的な音楽の世界にオーケストラの姿を映し出す事で観る者を引き込んでいく。

 演奏はカラヤンがもっとも得意とした「悲愴」であり、有無を言わさぬ説得力がある。一応ベルリンフィルハーモニーホールでのライブ収録となっているが、映像だけは別に収録されたものを挿入しているのだろう。「どうして楽団員の顔を写さないんですか」との問いに「彼らは美しくないから」と答えたという話だが、この答えにカラヤンの映像に対する姿勢が集約されている。良くも悪くもカラヤンの美学の結晶である。




彦いち噺 DVD-BOX
販売元: 竹書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






彦いち噺DVD 創~SOU~
販売元: 竹書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






彦いち噺DVD 礎~ISHIZUE~
販売元: 竹書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






パヴァロッティ・イン・ハイドパーク
販売元: ユニバーサル ミュージック クラシック

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ