戻る

前ページ   次ページ

和書 492064 (190)



広告表示の法的トラブル―自主規制と民事責任
販売元: 日経広告研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






広告表現バイブル
販売元: 阪急コミュニケーションズ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

広告、またグラフィックデザインに携わる「これからの年代」の人が参考にできる本。指針やメディアの方向性を示されても、これから何をすべきかという意見をくれる本は少ない。実例や現場の人間の心情までをフォローして、今後何をどう進めていくべきかを提案してくれる。 理想やノスタルジックではなく、クリエイターの「これから」について提案してくれる。




広告表現を科学する
販売元: 日経広告研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

アメリカの広告界のリーダー的存在だった「オグルビー」は言った。
「広告調査のカギは心理学や統計学がポイントである。」の言葉に出てくる
「心理学」「統計学」に「認知心理学」を加えて、広告表現の方法を
科学的に解明している本だ。

例えば、レイアウトにより代わる注目率、好まれるロゴの大きさ・位置、

動詞の魅力度調査、ビジュアルで隠喩を用いた場合の反応、日本の伝統美で好まれるもの
などを具体的なデータを用いて、検証している。

広告制作の初心者でも応用できる手法が盛り沢山である。
裏付けのデータも満載なので、プレゼンにも活用できる本だ。

正直、なぜこの本がこんなに知名度が低いのか不思議なほどである。




広告・販売促進辞典
販売元: 創成社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






広告ハンドブック―広告・広告メディアの基礎知識から計画立案・出稿・効果測定・プレゼンテーションの実務まで
販売元: 日本能率協会マネジメントセンター

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

情報の世紀を生き抜く企業にとってブランド構築は経営の要である。経営者の中には経営=ブランディングと言い切る人も多数いるらしい。頭脳派代理店博報堂の面々が書いた広告ハンドブック。アメリカは国土が広いので情報が行き渡るのにコストがかかる。したがって一回築き上げたブランドを維持するのが効率がよい。逆に日本は情報がすぐに伝播するので、新しいブランドを0から立ち上げる方が効率がよい。この日米比較の項が一番勉強になりました。




広告白書〈昭和63年版〉
販売元: 日経広告研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






広告白書〈平成元年版〉
販売元: 日経広告研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






広告白書〈平成9年版〉
販売元: 日経広告研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






広告白書〈平成8年版〉
販売元: 日経広告研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






広告白書〈平成7年版〉
販売元: 日経広告研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ