戻る

前ページ   次ページ

和書 492216 (42)



60歳からの「生きる意味」 理想の生活を見つけるヒント
販売元: PHP研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

定年(60歳)まであと3年。考えたくないと思っても、間違いなくその時はやってきます。そうなる前に何か見つけなければ、という思いは誰でも持っていることと思います。特にサラリーマン生活を永くやってきた私にとって「60歳からの生きる意味…」という本のタイトルは目をひきました。

会社を離れると、ただの人になり、希薄になる「自己の存在証明」に対し、不安を持つようになります。定年後に自己の存在価値を見出し、活き活きと輝く人生を送るためにも「人間の第三の欲望とは?」の中で語られる「表現欲」とその満たし方は分かり易いヒントを与えてくれます。

一つ一つが重く深いテーマながらも、お二人の息の合った対談は、分かりやすく誰でもが定年後に持つ漠然とした不安に、大きなヒントと「よし、がんばろう!」という勇気を与えてくれます。また、「生きていてくれるだけでうれしい」「トマソン」ではお年寄りに対する、深い理解と愛情が感じられました。今まで気づかなかった我が家の母の口癖ひとつひとつにも「あっ、そんな心理状態があったのか」と、口癖の背景を気づかせてくれます。

シルバー世代だけでなく、お年寄りを抱える家庭や、自分の居場所を見つけられない若者にも是非読んでもらいたい一冊です。





60歳からの10年は「自分力」で生きる
販売元: 中経出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

身近に定年を迎える人が多く彼らに送る本としてこの本を選択した。
ざっくりと読んだだけであるが何かを感じさせる内容だった。
上記の目標は十分果たしてくれる本であることは間違いない。
順次感想が返ってくるのが楽しみである。
定年を迎えたらさっさと会社なぞ辞めるべきである。
そのまま残るのは愚の骨頂。わがままであり現役の人のためにならない。他の会社に行くべきであり、自分で会社を興すべきである。どちらにしても引き際が肝心。




60歳からどう生きる―セカンドライフの生き方が人生を決める! (広済堂ブックス)
販売元: 廣済堂出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






60歳から65歳に男として想うこと―この5年間を最高に生きる20章
販売元: 大和出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






60歳、生きかた下手でもいいじゃない
販売元: 岩波書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






60才からの脳内革命
販売元: 近代文芸社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






60代スカイダイブに挑む―ニュージーランドの快
販売元: 健友館

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






6000人を一瞬で変えたひと言〈2〉
販売元: サンマーク出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

本当にきれい事でない魂の言葉が、心に突き刺さります。




6000人を一瞬で変えたひと言
販売元: サンマーク出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

成功哲学を読み漁っている人にとっては、大越氏の言葉と似た内容は別に聞いたことがあるだろう。

しかし、一読する価値はある。

私が気に入った言葉は、

「変わる人は一秒で変わる。変わらない人は十年かけても二十年かけても変わらない。」




5日間でマスターする 超速読法―佐藤式「3倍速」読みで、中身がバシッと頭に入る! (PHPビジネスライブラリー)
販売元: PHP研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ