戻る

前ページ   次ページ

和書 499808 (129)



くらべてみよう100年前と―20世紀から21世紀へ〈1〉日本人のくらし
販売元: 岩崎書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






くらしに学ぶ (日本歴史探険)
販売元: 福武書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






縄文探検 (くもん選書)
販売元: くもん出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






くちなしの花1945年―生きることと死ぬことと
販売元: 出版芸術社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






くずれる武士の世 (学習漫画 岡山の歴史)
販売元: 山陽新聞社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ぎふ20世紀の記録
販売元: 岐阜新聞社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






きれいなお城の残酷な話―西洋悪女愛人譚 (ワニ文庫)
販売元: ベストセラーズ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

どなたかも書いておられましたが、
桐生という人は恥ずかしげもなく他者の文献をまんま並列してるだけ、しかも誤用が多い。

本著作で色々なことに興味をもたれたなら、とりあえず、澁澤龍彦くらいは読みましょう。
こーゆー世界は種村や澁澤がもっと深く、馥郁とした文章とその内容の豊かさであなたを幸せにするでしょう。コピーもんで満足するなんて、そんなの、人生損してマスよ。

澁澤ってのは、小樽にある『澁澤倉庫』のゆかりの坊ちゃんな野郎です。なぜか、女性だけでなく男連中までも彼を美化したがる。確かに、日本最後のスケールの大きな趣味人です、今のところ。(同窓会のとき、おっさんみたいなのが増える中『一人だけ少年のようなのがいる』と、同級生に言わしめたらしい。いやはや、おっさんの夢やね)

正直言って文章力も無い、というか、深みにかけますね。月並な批判ですが。これならわたやりさの方が余程芳醇な気配がありますね、つまり軽く読み易い。












きれいなお城の残酷な話 ベスト版
販売元: 大和書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






きれいなお城の恐ろしい話―世界残虐人物譚 (ワニ文庫)
販売元: ベストセラーズ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






きれいなお城の怖い話 (角川ホラー文庫)
販売元: 角川書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

はじめエリザベート・バートリーから始まって・・・あまりの拷問描写のグロさに負けそうになりました。が、エリザベートはまだまだ序の口だった。読み進むにつれてかなりの濃い登場人物のオンパレード。でも、歴史の授業では教えてくれないがこんな人たちが実際に存在していたと思うと・・・。怖いけれど、読んでみたい人もいるのもしかり。私もそんな一人です。


前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ