戻る

前ページ   次ページ

和書 500846 (148)



F1紀行―20人の仲間たち (朝日文庫)
販売元: 朝日新聞

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






F1界・ここまで暴露(バラ)せば殺される
販売元: あっぷる出版社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






F1界 裏では腹のサグリ合い (LUCKY BOOKS)
販売元: リム出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






F1最速の記憶―金子博写真集 PHOTO BATTLE’88
販売元: 飛鳥新社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






F1最新マシンの科学
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 F1はフォーミューラーカーの世界最高峰のレースである。しかし、同じフォーミュラーカーのレースとは言っても、車両の条件がほとんどイコールで行われるF3000などの下級カテゴリーのレースや、米国のKARTなどとは異なり、タイトルの行方はドライバーの技術よりもチーム毎のマシン開発能力に大きく依存している。本書は予備知識なしには分かりにくいマシン開発のポイントをわかりやすく説明し、厳しいレギュレーションの下で行われている技術競争の様子を紹介している。この技術競争こそが現代のF1の本質とも言うべきものであり、本書はそれを「観戦」するためのガイドブックである。「観戦」のポイントを適格に把握することで、F1観戦の楽しみは倍増するだろう。




F1挑戦者の魂
販売元: 実業之日本社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






F1戦士デビュー伝説
販売元: ベストブック

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






F1快楽学―地上最速の名優たち
販売元: 双葉社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






F1影の支配者―ホンダ・トヨタは勝てるのか (講談社プラスアルファ新書)
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

装丁といいサブタイトルといい、「03年以降トヨタ・ホンダは勝てるのか?」がメインテーマみたいですが、内容はF1ビジネスに関する概論でトヨタ・ホンダの最近のF1活動に触れてる部分はほんの少しです。バーニー・エクレストンの権力構造や、F1GP、各チームの歴史の説明が中心で200ページそこそこですからあっという間に読めてしまいます。「F1グランプリ特集」とか「F1Racing」のようなコアな専門誌を読んでるひとには内容が皮相的すぎて当たり前のことしか書いてないので、F1初心者向けでしょう。

著者もあとがきで書いているように、F1ビジネスの裏側についてつっこんで知りたい場合は、和書では適当なものがないので、洋書(もちろんイギリス)をさがすしかないですね。既刊では"Formula One:The Business of Winning""The Piranha Club: Power and Influence in Formula One"、今後発行されるもの(本当かどうか?ですが)"Bernie's Game"などがあります。




F1天国―モータースポーツ文化入門講座
販売元: データハウス

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ