戻る

前ページ   次ページ

和書 503578 (256)



チョコがとんだ! (文研の創作えどうわ)
販売元: 文研出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






超能力部隊 [冒険ファンタジー名作選(第1期)] (冒険ファンタジー名作選)
販売元: 岩崎書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






チュウリップの幻術 (日本の童話名作選)
販売元: 偕成社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

白いチュウリップの花杯から、すきとおる水蒸気が空へ上がる、幻想の世界を見る。… その幻想の世界を描きだしたのは田原田鶴子さん。盛岡出身の田原さんは、宮沢賢治の童話の世界にしぼって、油彩画で描く。2003年4月発行





地底探検 [冒険ファンタジー名作選(第1期)] (冒険ファンタジー名作選) (冒険ファンタジー名作選)
販売元: 岩崎書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






父王は過去世の修行の大恩人―宿世の因縁・現世の果報 (民話風法華経童話―妙荘厳王本事品第二十七)
販売元: 中外印刷出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






メルヘンの深層心理―登場人物からのアプローチ (ちくまプリマーブックス)
販売元: 筑摩書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






地球の秘密―SECRET OF THE EARTH
販売元: 出版文化社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

12才の少女が命をかけて書き綴った素晴らしい漫画です。
地球を救いたいという切実なメッセージが込められています。

ゴミの分別が邪魔臭いとかゴミや缶やタバコの吸殻をそのまま道にポイ捨てしたりする大人はこの本を読めば絶対そんなことが出来なくなります。
どうか、たった12才の少女が気付いたことに早く大人たちが気付いて下さい。

「『昨日』は大人のしたこと『明日』は子どものすること」
「缶を捨てるのは『過去』拾うのは『未来』」
「缶を捨てる軽さと缶を拾う重さを考えよう」

生き物すべてが支えあってこそ地球の環境は守られるのです。




地球を救った星の子
販売元: 星の友舎

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






チカのふしぎなアルバイト (どうわほのぼのシリーズ)
販売元: 佼成出版社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






小さな星の王子さま
販売元: 春秋社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 フランスの子供は、この作品を親が枕許で読んでくれたり、
レコードで朗読を聞いたり、早ければ小学校四年生くらいで
自ら読み出すそうです。
 この河原版は、正にその様に読んであげる事を念頭に
訳されたと言ってもいいでしょう。訳には、日本語を音にした時に
心地良い流れを作りたいとする意思が見えます。音楽家ならではの
訳文とも言えると思います。
 原作には、引っ掛かりのある言葉、訳に困る言葉が多く出て来るの
ですが、文の流れに引っ掛かりを作らない様な
訳の工夫がされています。そこを訳者の創作とする批判もあるでしょうが、
それには当たらないでしょう。逆に文章の流れを崩さないとする
誠実な訳だとも言えます。
 あとがきにあるように「フランス語で書かれた文学作品の、日本語への100%の
翻訳は、実に不可能である」は正しくその通りで、原語に含まれる
メタファーまでをも日本語で表現しようとして失敗している訳が
多い中、日本語のリズムを第一に考えたこの河原版は読書感が
とても良いと感じます。
 念押しの様にフランス語での朗読CDを付けたのも、言葉のリズム、
音読を意識しての事と思われます。
子供のために読んでやり、親は作品の深い部分で考えを巡らす。
河原版はそれに打って付けだと思います。


前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ