戻る

前ページ   次ページ

和書 548206 (317)



あんなこと こんなこと あったとさ
販売元: 近代文芸社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






あんちゃんキライ! (くもんの児童文学)
販売元: くもん出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






あんたの好み
販売元: 関西書院

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






あんたのバラード
販売元: 光文社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

島村洋子は通俗小説を書き続けている。通俗であることと、読んで感動するか
どうかは、全然関係がない。この本は感動することができる。どう感動するかというと、読み終わった後にすぐTSUTAYAとかに走り、「星屑のステージ」が
はいっているチェッカーズのCDを借り出したくなる。あるいは矢沢の

「アイラブユー,OK」である。チェッカーズですぜ。そんな小説を書く小説家が他にいますか?
この短編集の中には次のような一節がある。

華子は自分がすぐに死ぬとは思っていなかったが、ただ
「死ぬ気で生活していればわかることがある」ということに気づいていた。
相手が嘘つきかそうでないか、である。

読者だって気づいていることはある。

自分はこれを書きたくて生まれてきたのだ、と書き手が思っているか
そうでないか、である。
島村洋子はそう思っている。




あんず林のどろぼう [教科書にでてくる日本の名作童話(第2期)] (日本の名作童話)
販売元: 岩崎書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

このお話はを始めに読んだのは。小さなお話を沢山集めた本の中の1つとしてでした。立原えりかさんという方は、どちらかと言えば甘口なのでしょうけれど、見えないけれどどこか越えてはいけない心の一線を描き出すことの上手な方だと思います。

これを読んだ後、何とも言えない優しい暖かな気持ちになりました。子供にも大人にも、きっと優しい気持ちをくれるに違いありません。




あんずの里 十二歳の夏 (ノベル倶楽部)
販売元: 日本文学館

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

ひと夏の少女たちの成長がありました。
少女を囲む家族環境や、短い時間の中で起きる出来事、個性的な登場人物。
大人たちに対する少女たちの思いが切なく、
成長していく姿がありました。
読んでよかったです。





あんことそっぷ
販売元: 汐文社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






あんがとうね
販売元: 東京図書出版会

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






あわ一つぶでよめをもらったわかもの
販売元: 少年写真新聞社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






あわれなマノリート―マノリート・シリーズ〈2〉 (マノリート・シリーズ (2))
販売元: 小学館

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ