戻る

前ページ   次ページ

ミュージック 603260 (188)



Brave New World
販売元: Spv

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 米国出身のプログレ・バンドの、’99年発表作。
 ほぼ、全盛期のメンバーが集結しての再結成、復活作だが、ソング・ライティングには、NIGHT RANGER〜DAMN YANKEESのJACK BLADESも参加している。
 それが反映されてか、実にバラエティにとんだ、様々なタイプの楽曲が並んでいる。それぞれのクォリティは高いが、全体を通して聴くと、若干の散漫さを感じさせなくもない。
 けれども、とかくプログレ・バンドは、大作やテクニカルな演奏の方に走りがちなので、この作風は評価できる。
 やはりそれは、この再結成が意欲に溢れたものであることの表れだろう。





Brave New World
販売元: Sanctuary

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 米国出身のプログレ・バンドの、’99年発表作。
 ほぼ、全盛期のメンバーが集結しての再結成、復活作だが、ソング・ライティングには、NIGHT RANGER〜DAMN YANKEESのJACK BLADESも参加している。
 それが反映されてか、実にバラエティにとんだ、様々なタイプの楽曲が並んでいる。それぞれのクォリティは高いが、全体を通して聴くと、若干の散漫さを感じさせなくもない。
 けれども、とかくプログレ・バンドは、大作やテクニカルな演奏の方に走りがちなので、この作風は評価できる。
 やはりそれは、この再結成が意欲に溢れたものであることの表れだろう。





Brave New World
販売元: Recall

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Brave New World
販売元: Toshiba EMI

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

1曲目からオヤ?と耳を引っ張られ、2曲目の8分にもおよぶメロトロンの大洪水にゲロゲロ!!ダンサンブルで宇宙的なポップチューンへと移行した「鷲の爪」以降のファンも、プログレ大好きっ子(殊に、アメ・プロファン!)にもお薦めの1枚。これはもう、ゴムボートとライフベストを用意して、水が入らないように耳栓も…って、ちがうでしョ!?




Brave
販売元: Sanctuary

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Brave
販売元: Sanctuary

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Brave
販売元: IRS

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 イギリスのロック・バンド、マリリオンが1994年に発表したコンセプト・アルバム。柔らかい中に芯の強さを備えた2代目ヴォーカル:スティーヴ・ホガース加入後を「後期」と呼ぶのだが、これはその後期の代表作である。
 イギリスの高速道路「M4」の橋の下で記憶を失い、錯乱した少女が発見された。この少女の情報を求めるラジオ放送を運転中に聞いたSteve Hogarth(vo)は、非常にショックを受けたと言う。「一体、今の社会で何が起きているのだろう?」そうしてこの実話を元に彼は詞を書き始めた…。初めは2、3曲のつもりだったそうだが、書いていくうちに、それはアルバム全体に及ぶ壮大な叙情詩となって行く。

 「無味乾燥なTV、垂れ流しの化学物質、学校ではいつも型に押し込まれていた…そんな世の中に慣れなくては!」と歌う "Living with the Big Lie"、「家に連れ戻された時、泣いたかい? 逃亡者…仕方ないね」と歌う "Runaway"、徐々に自分を失って壊れていく主人公の叫びを「Tell me I'm mad!」という言葉に込めた12分の大作 "Goodbye to All That" など、現代的なタッチのメロディーと、絡み合う効果音の中、シリアスかつ悲痛な詞が駆けめぐる。
 終盤、"The Great Escape" で逃避行のクライマックスを迎えたストーリーは、最後に "Made Again"(=生まれ変わる)で、ひとつの「救い」に到達する。アルバム中唯一の優しいナンバーであるこの "Made Again" のメロディーはとても美しく、主人公は朝の光の中で「希望」という新しい自分を見出すのだ。

 現代社会を「音楽」で見事に表現しきった素晴らしい作品で、自分はこれを超すアルバムは出てこないのではないか? とさえ思っている。番組の主題歌や、CM音楽には全く使えないタイプの音楽であるが、これがヒットチャートのトップ10に食い込んでくる所に、イギリスのシーンの奥深さを感じる。
 詞も、メロディーも、アレンジも、どこから聞いても素晴らしく、大作であるにも関わらず、無駄な展開が殆どない。ちょっと信じられないアルバムである。繊細で叙情的なメロディーが多数織り込まれている他、要所要所ではラウドに盛り上がり「ロック」のダイナミズムも楽しめる。是非多くの人に聴いて欲しいと思う。




Brave
販売元: Sanctuary

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 イギリスのロック・バンド、マリリオンが1994年に発表したコンセプト・アルバム。柔らかい中に芯の強さを備えた2代目ヴォーカル:スティーヴ・ホガース加入後を「後期」と呼ぶのだが、これはその後期の代表作である。
 イギリスの高速道路「M4」の橋の下で記憶を失い、錯乱した少女が発見された。この少女の情報を求めるラジオ放送を運転中に聞いたSteve Hogarth(vo)は、非常にショックを受けたと言う。「一体、今の社会で何が起きているのだろう?」そうしてこの実話を元に彼は詞を書き始めた…。初めは2、3曲のつもりだったそうだが、書いていくうちに、それはアルバム全体に及ぶ壮大な叙情詩となって行く。

 「無味乾燥なTV、垂れ流しの化学物質、学校ではいつも型に押し込まれていた…そんな世の中に慣れなくては!」と歌う "Living with the Big Lie"、「家に連れ戻された時、泣いたかい? 逃亡者…仕方ないね」と歌う "Runaway"、徐々に自分を失って壊れていく主人公の叫びを「Tell me I'm mad!」という言葉に込めた12分の大作 "Goodbye to All That" など、現代的なタッチのメロディーと、絡み合う効果音の中、シリアスかつ悲痛な詞が駆けめぐる。
 終盤、"The Great Escape" で逃避行のクライマックスを迎えたストーリーは、最後に "Made Again"(=生まれ変わる)で、ひとつの「救い」に到達する。アルバム中唯一の優しいナンバーであるこの "Made Again" のメロディーはとても美しく、主人公は朝の光の中で「希望」という新しい自分を見出すのだ。

 現代社会を「音楽」で見事に表現しきった素晴らしい作品で、自分はこれを超すアルバムは出てこないのではないか? とさえ思っている。番組の主題歌や、CM音楽には全く使えないタイプの音楽であるが、これがヒットチャートのトップ10に食い込んでくる所に、イギリスのシーンの奥深さを感じる。
 詞も、メロディーも、アレンジも、どこから聞いても素晴らしく、大作であるにも関わらず、無駄な展開が殆どない。ちょっと信じられないアルバムである。繊細で叙情的なメロディーが多数織り込まれている他、要所要所ではラウドに盛り上がり「ロック」のダイナミズムも楽しめる。是非多くの人に聴いて欲しいと思う。




Brand-X
販売元: Disky

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Brainville
販売元: Warner

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ