戻る

前ページ   次ページ

DVD/ビデオ 575074 (60)



悪霊箱 VOL.1:悪魔の棲む森 VOL.2:晩餐
販売元: インターフィルム

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






悪霊島
販売元: ポニーキャニオン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

鹿賀丈史氏のひょうひょうとした金田一、岸本加世子の初々しさと大人に変わった表情もいい。
その他の俳優陣も見所です。(他の金田一映画に出ている人もいます。)
篠田正浩監督の描く、田舎や神社などと突如挿入される工場などの風景の対比が印象的です。
ヒッピーに代表されるような、この頃の時代を描きたかったということが、DVDの解説に書かれていました。
無気力に無常に時代が流れていってしまう様を、ビートルズにジョンレノンの死に託しています。
それだけに、この映画に締めるビートルズの「レット・イット・ビー」の役割は非常に大きく、
映画とは切り離しては考えられないほど強く印象に残っています。
このため、DVDでのエンディングの「レット・イット・ビー」が版権問題で、別のアーティストのカバー曲に差し替えられており、
また、そのカバーも原曲とかなりイメージが違うのは非常に残念です。
せめて、もっとオリジナルに似ている演奏にしてほしかった。
(昔、発売されたビデオでは公開時の元の曲のままらしいです。)




悪霊島
販売元: ポニーキャニオン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

元ヒッピー青年がジョンレノン暗殺のニュースを聞き、自分がレノンを聞いていた時代に、瀬戸内海の小島で遭遇した事件を思い出すという設定。
ストーリーは非常に陰惨なのですが、なぜかそれ程おどろおどろしく描かれてなく、内容にしては映画がけっこうさらっとしています。
同じ金田一映画でも製作者が違うとかなり違う印象になるのだと感じます。
鹿賀さんの金田一耕介もよかったと思います。彼が金田一をこれしか演じなかったのは残念です。
あと、さすがの存在感を残した、佐分利信、妖艶さと鮮烈な印象を残した岩下志麻、可憐な岸本加代子、そしてヒッピー役の古尾谷雅人、や成金役の伊丹十三ほか
皆すごく上手かったと思います。

ビートルズの楽曲を使ったという事でかなり制作費がかかってしまったというのですが、ビートルズの曲を使う事によって多くの人の心にあの時代がよみがえってくるのだと思います。
篠田監督、角川氏が青春を過ごしたあの時代へのオマージュなのかもしれません。




悪霊除霊~織田無道 本当にあった呪いの話~第四巻
販売元: イーネットフロンティア

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






悪霊除霊~織田無道 本当にあった呪いの話~第三巻
販売元: イーネットフロンティア

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






悪霊除霊~織田無道 本当にあった呪いの話~第二巻
販売元: イーネットフロンティア

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






悪霊除霊~織田無道 本当にあった呪いの話~第一巻
販売元: イーネットフロンティア

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






悪霊怪談 呪われた美女たち
販売元: ジェネオン エンタテインメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

1996年製作、鶴田法男監督、小中千昭脚本によるオムニバス。本作より以前の『女優霊』、『邪願霊』などと並んで、後のJホラームービーに至る流れに連なる作品。
小中氏によるオーディオコメンタリーもそうした意味合いから語られており、そのような歴史的観点から鑑賞するぶんにはなかなか興味深い。特に、ビデオ編集スタジオでアシスタントの女性が体験する怪異を描いた第四話は、映像的にも脚本的にも基本と言える内容だろう(「お手本」では決してないところが辛いですが)。ただし、本作自体は全体的に結構しんどい出来であり、作りもあくまでも深夜枠のTVドラマレベルのチープさであるので、そういうものと割り切って見る必要がある。
主演のGiri Giri GIRLSは、今こうして振り返って見ると、正直かなりB級テイストが漂っている方々。エピソードによっては主役のメンバーより脇の脱ぎ役の女優さんの方が美人だったりするし、演技の面では完全に素人芝居なのだが、バラドル的な華やかさはある。パンチラなどの唐突なサービスカットも可笑しい。ともあれ彼女らを見ていると、バブルの残り香を嗅ぐような複雑な心境に。懐かしいと言えば、まあそうなのですが…。




悪魔の手毬唄
販売元: 東宝ビデオ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

名作、金田一耕助シリーズの中の1本、1977年公開ですから、(獄門島)と同じ年に制作された作品ですね、主演の若き石坂浩二は2枚目ですね、そのとぼけた演技も面白いです、一見、実に気さくで前向きな旅館の女将を演じているのは女優の岸恵子、金田一シリーズに数多く出演されているだけあって、その存在感、美貌はピカイチです、一羽のスズメの言う事にゃ〜、、、という歌がとても印象的で引き込まれました、業や性というものから決して逃れられない人間の物悲しさを痛切に描いてきた名シリーズだけあって、今回も泣かされました、古い和風旅館のセットも味があって、見ているだけでも面白かったですね。




悪魔が棲む家2001 DVD-BOX
販売元: ブロードウェイ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ