戻る

前ページ   次ページ

DVD/ビデオ 575106 (314)



モンティ・パイソン・アンソロジー(BOX&Tシャツ付き限定盤)
販売元: ユニバーサル インターナショナル

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

パイソンズの生き様にあらためて感服。
彼らの残したさまざまな偉業を多角的に俯瞰できる、パイソニアン必携の作品です。
特に圧巻は2時間にも及ぶ「パイソン・ナイト」。お約束のBBCいじりから始まるところなんざ、30年前と全然変わってなくていきなりニンマリ。

マイケル・ペリンが当時のロケ現場(主にBBC近辺)を巡る「パイソン・ランド」のコーナーではちょっとした観光気分が味わえるし、第1話のオープニング(It's man)の再現もしてます。
また、貴重な新作スケッチも収録されてます。存命中のパイソンズがガンビーに扮してレンガを投げ合ってる姿はある種感動的ですらあり、思わず涙腺がゆるんでしまいました…。




モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル デラックス・コレクターズ・エディション
販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

藤村俊二のナレーション「このモジャモジャは、オケケが見えると」がカットされていますが、これはまあDVDが無修正なので矛盾するためカットということで問題ないと思いますが、他にもうさぎが守る洞窟に入って、岩に刻まれたアリマタヤのヨセフの遺言「アア〜」を読むシーンが英語になっていたりします。ここは確か日本語音声がちゃんとあったと記憶しているのですが。
TV版DVDも音楽の権利というだけでは納得できないBGMのないシーンでの日本語の欠けがありましたし、なんかソニーピクチャーズ、仕事が変な気がします。




ウエディング宣言(特別編)
販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

ジェーン・フォンダの嫁いびりにウフフ〜♪
可愛らしくて憎めないお母さんで楽しかった。

年齢がいっても美しいジェーン・フォンダって
存在感があるし、なんだか憧れてしまいます。

ジェニファー・ロペスもたくましいお嫁さんで、
キュートな逆襲シーンがとても面白かったです!

ルビーもいいキャラでジンワリとした味があった。

最後、お母さんと和解する場面にホロリ・・。
嫁姑バトルが楽しかったので3回見ました〜♪




ウエディング宣言 (特別編)
販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






宇宙モンスター/ハイスクール・パニック
販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテイメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

まぁ・・・不条理な映画です。
タイトルからは想像できませんが。

ゾンビ、ミイラ、宇宙人、パソコン、植物、エロ、グロ。
そんなイメージが、淡々とした演出で綴られます。
なぜかジェス・フランコの監督作を思い出しました。

ちょっと変な映画が観たい方にはお薦め。
「人類存亡を賭けた試合が今、始まる」なんてキャッチコピーに騙されないように。




宇宙モンスター ハイスクール・パニック
販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






殺人狂時代
販売元: パイオニアLDC

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

戦後初のチャップリン映画で、戦争、具体的には戦勝に沸くアメリカを痛烈に批判する内容。

チャップリン得意の喜劇的要素がそれほど感じられないが、妻子を養うために殺人を生業とするヴェルドウを通じての戦争批判はさすがにうまい。

この映画の主張は殺人犯として捉えられたヴェルドウが死刑執行前に神父と交わした以下の言葉に集約される。

 「一人殺せば悪党で、百万人だと英雄です。数が殺人を神聖にする。」

ちなみにこの映画、あまりに過激過ぎて、当時の全米各地で上映禁止や上映契約破棄が続出したらしい。




モンキーボーン
販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

ファンタジー系が大好きです。
ちょっぴりお色気あり、夢の中の創造物が沢山。
同じ悪夢で「ザ・セル」もとっても好きですが、ちょっと怖い。
「モンキーボーン」はコメディ系なので、
臓器提供者の首を曲げて走るシーンや
バーベキューの網の上に臓器が落ちたり、とにかく面白い。
細かいアイテムも盛りだくさん。

主人公の部屋にあるいろんなアイテムをじっくりみたいです。
豚の置物の中から、指輪が出てくるのも良かった。
レンタルで借りましたが、是非手元において、何度も見たい作品でした。




モンキーボーン
販売元: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

主人公のフレイザーは漫画家。

車で事故にあい、地獄へ。
そこで、自作のアニメ主人公モンキーボーン(サル)と出会う。

地獄と言っても、ディズニーランドの
イッツ・ア・スモールワールドとホーンテッドマンションを足して2で割ったようなファンタジーな世界。

そして、モンキーボーンはフレイザーの体に。
フレイザーは、事故死した体操選手の体に入って生き返る。
(しかも、臓器摘出手術中の体に生き返った。)

ここでのゴタゴタが、面白い!

控えめだったフレイザーがサル化し、異様な行動をとりだすシーンには笑えた!

また、臓器提供者だった体操選手を追いかける医師。
臓腑をポンポン投げて逃げる体操選手。
ギョっとするけど、楽しい。


ただ、小さい子供にはキツイかな?




モンキーボーン
販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ