戻る

         次ページ

DVD/ビデオ 76206051 (1)



トロカデロ・デ・モンテカルロ バレエ団 #2
販売元: ビデオメーカー

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

「テクニックのしっかりした笑えるバレエ団」の印象があったのですが、群舞では、かなりばらつきが目立ちました。ソロではあんまり目立たないですが、テクニックも、他の有名バレエ団でのプリンシパルやエトワールには程遠い感じ。

笑いの要素ではマル。特に瀕死の白鳥では大笑いさせていただきました。それから、プリマの方のキャラがよいです。




真夏の夜の夢
販売元: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

There are many good versions of "William Shakespeare's A Midsummer Night's Dream.” Among which is this well played Michael Hoffman (1999) version. The innovative use of the bicycle and being filmed in Tuscany adds to the magic. As with earlier versions contemporary actors are used. Only at first you say, "Now where have I seen Puck?” (To realize it was in "Undercover Blues.") Or anticipating who will play Titania? Later you will be so engrossed in the play that you will only see the characters for themselves.

Now the situation. We have overlapping tales, which in the confusion become even more overlapping and confusing. We have Theseus, Duke of Athens, About to marry Hippolyta, Queen of the Amazons. Practicing in the solitude of the Woods is a troop of actors that will appear at the wedding. One of the troops is a married man with a roving eye, Bottom; he is soon encountering with a group of fairies. Now this is an interesting situation on its own. However there is more. Hermia is being forced by her father Egeus to marry Demetrius. However Hermia is in love with Lysander. Wait there is more Hermia's friend Helena is in love with Demetrius (who ignores her.) Yep into the wood escape Hermia and Lysander. Hot on their trail is Demetrius doggedly followed by Helena. Mean time back at the ranch the Fairy queen and king has a slight falling-out. So the fairy king intends to correct everyone's situation and teach a few lessons along the way. You get the idea. Now setback and watch the fun.




第19回<東京の夏> 音楽祭2003 <アフロ・ブラジルの宗教儀礼> カンドンブレ
販売元: NMNL RECORDS

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






第19回<東京の夏> 音楽祭2003 <北インドの古典声楽> グンデーチャー・ブラザーズのドゥルパド
販売元: NMNL RECORDS

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






1992グラインドボーン音楽祭 記念コンサート
販売元: ジェネオン エンタテインメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






チェコ・フィル100年
販売元: ニホンモニター・ドリームライフ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






トロカデロ・デ・モンテカルロ バレエ団 #1
販売元: ビデオメーカー

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

白鳥の湖 第二幕
海賊パ・ド・ドゥ
ゴー・フォー・バロッコ
瀕死の白鳥
ライモンダ 結婚式の場面
以上の作品が収録されています。

このDVDは笑えます。面白いです。お腹抱えます。
確かにオヤジが踊っているのですが、見慣れてくると可愛く思えてくるから不思議です。

ドタバタのコメディーではなく、絶妙なタイミングのズレ等で笑わしてくれるので、後味もサッパリ爽やかです。
中には素晴らしく美しい人もいるので、何度も再生して見入ってしまいました。男性ですけどね。(笑)

ただ一つ難点を言えば、デジタル高画質映像ですので、画像が綺麗過ぎる事。
見たくもない胸毛とか、スネ毛とかもクッキリです。(笑)

お顔がアップになった時は…。さすがに怖かった。

食わず嫌い!の方。一度食して見て下さい。
癖になると思います。
怖い物見たさの方にもお薦めの一枚。
でも、踊りはとっても上手なバレエ団です。
男性がトウシューズで踊るのは、それはそれは大変らしいので、それを見るだけでも価値はあると思います。




イッセー尾形と永作博美のくらげが眠るまで -犬-
販売元: ポニーキャニオン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

イッセー尾形といえばひとり芝居! というイメージが強いですが、この作品は2人芝居。特に舞台とは一味違ったものになっています。永作さんとのかけあいも、長年コンビを組んでるかのように息のあった楽しい作品に仕上がっています。まだ、見ていない人は一度お試しを




イッセー尾形と永作博美のくらげが眠るまで -トラ豆-
販売元: ポニーキャニオン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

このシリーズの「犬」を観て、不思議にホッとする幸せを感じたので、今度は「トラ豆」を観てみました。木皿泉さんの世界をイッセー尾形さんと永作博美さんが見事なコメディーとして演じています。永作博子さんも可愛いのでが、一緒に演じているイッセー尾形さんの人間味ある演技に可愛さを感じる不思議でそしてコミカルで、でも特別ではない隣にいそうな夫婦の日常が描かれているドラマです。因みに、アマゾンに載っている解説は「犬」の方の解説です。「トラ豆」には「トラ豆」(夫婦でカバンを間違って持ち合ってしまい・・・)、「チェロ〜孤独について〜」(永作がイッセーのチェロを勝手に人にあげてしまっい・・・)、「ベタベタ・ハーフ」(社内報に夫婦の馴れ初めを描くことになった為・・・)、「ハルが来た」(永作博子さんが姪っ子役で高校生役をやってます。)、「封印」(妻が家事をやり続ける理由とは・・・)、「香子の縁談」(永作博子さんが振袖を着てお見合いへ・・・その時夫は・・)の6つのドラマが入っています。ちょっと覗いてみるとはまっちゃうかも。




YAKARA!
販売元: R and C Ltd.

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

僕が今まで見てきたお笑いのDVDのなかでは、これが一番好きです。
僕はトータルテンボスが好きで見たのですが、千鳥さんも意外と面白かったです
下ネタもあるのがどうかと思いますが、、、
でもそういうのを気にしないでみたら凄い面白いので
見て損はしないと思いますよ!


         次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ