戻る

前ページ   次ページ

DVD/ビデオ 76206051 (380)



ヨーロッパ・コンサート1994
販売元: パイオニアLDC

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ヨーロッパ・コンサート1993
販売元: パイオニアLDC

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ヨーロッパ・コンサート1992
販売元: パイオニアLDC

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ヨハン・シュトラウス 喜歌劇《こうもり》 グラインドボーン音楽祭2003年
販売元: TDKコア

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

あらゆるオペレッタの中で最も有名で最も親しまれている作品といってよい『こうもり』。それだけにこれまでも数え切れない程の名盤・名演のCDやDVDが発売されてきました。そしてここにまたひとつ、素晴らしい盤が出現。このディスクは、以前から直輸入盤の形で日本でもよく出回っていたものですが、ついに日本語字幕つきの国内盤として登場です(オペレッタの場合は、台詞の量がかなり多く、その部分は上演ごとに異なるアドリブが許されているので、たとえストーリーはすでによく知っている人にとっても日本語字幕の有無は重要です)。全体として、歌手の力量の点ではやや不満を感じる面があるものの(たとえば、アルフレート役のペール・リンドスコグがやや声が重くてこの役のイメージに合わない点や、女声陣の声の出し方が全体にやや絶叫型でオペレッタ的でない点など)、指揮とオーケストラの素晴らしさはそれらを補って余りあるものといえます。そして、何をおいても演出と演技の素晴らしさ!特に私の大好きな場面である、第一幕の「別れの三重唱」での演技などは、まさに抱腹絶倒ですが、その他の場面でも、いかにも演劇の国イギリスでの上演らしく、随所に気のきいたユーモアが散りばめられています。また、第二幕舞踏会の場面の豪華絢爛たる音楽と踊りは、本場ウィーンでもこれほどの光景はめったに見られまい、と思わせるほどですし、第三幕でオペラが終わるやいなや「ラデツキー行進曲」が流れ始めて、出演者たちの挨拶が始まるところなど、ウィーンの歌劇場以上にウィーン的な、心憎い演出です。さらにDisc2に第三幕とともに収められている特典映像が、単なるおまけでは片付けられないなかなか興味深い内容で、劇場の再建記録やワルツの歴史に関する解説、指揮者や主な出演者がこの作品の魅力を語るインタビューなどが楽しめます。もし私が、『こうもり』の名盤DVDをどれか一枚だけ推薦してほしい、と誰かに問われたならば、総合的に言って、きっとこの盤を選ぶことになるだろうと思います。




ヨハン・シュトラウス 喜歌劇《こうもり》
販売元: TDKコア

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

完成度の高さはピカイチ!!
正統派の《こうもり》を楽しみたい方必見。










ヨハン・シュトラウス:喜歌劇「こうもり」(ノイエンフェルス演出版)
販売元: アイヴィ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

まず、このディスクは日本語字幕付きです。通常のオペラなら問題ないが、オペレッタはかなりアドリブが入るので字幕は必須です。演出は「お騒がせ」で有名なノイエンフェルスなので、「こうもり」初心者には向いておらず、理解できないと思うのでお薦めは出来ません。なので星1つ減。しかしシェンク等の普通の演出を観飽きた方なら新鮮で、刺激的な舞台を堪能する事が出来るでしょう。また、ミンコフスキの指揮を初めとする演奏面でも、軽快な音楽を聞かせてくれるのでシュトラウスの音楽を楽しむ事も問題ありません。 何かと批判の多いこのディスクですが、21世紀の「こうもり」、或いは新演出の舞台を見てみたいと言う好奇心のある方にはきっと受け入れられるでしょう。




ヨハネ受難曲
販売元: ニホンモニター・ドリームライフ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






桂米助(ヨネスケ)の野球落語 VOL.2 沢村栄治物語
販売元: テイチクエンタテインメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






桂米助(ヨネスケ)の野球落語
販売元: テイチクエンタテインメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






四谷怪談
販売元: ポニーキャニオン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ